キャッシングの審査について教えてください!

キャッシングを初めて利用する時に気になるのは
「どのような審査がされるのか?」という点だと思います。

 

キャッシングを利用する場合に審査でチェックされる重要なポイントは以下の3点になります。

 

  1. 年収、勤続年数
  2. 居住形態
  3. 借り入れ状況

 

年収、勤続年数について

キャッシング会社は年収、勤続年数からキャッシング利用者の返済能力を確認しています。
もちろん、年収が高く勤続年数が長いほど審査は有利になります。

 

勤続年数に関しては、正社員だけでなく契約社員やパート、アルバイトの方でも
継続して勤務をしていて安定収入があれば勤続年数としてカウントされます。

 

 

居住形態について

居住形態とは、今住んでいる家(マンション or アパート)が自己所有なのか
賃貸なのかという意味です。

 

自己所有の場合、資産と評価され有利になります。
また、自己所有の場合は簡単に引っ越しをするわけにはいきませんので、
住所が変わりにくく、連絡が取りやすいという点がポイントです。

 

ただし、自己所有(持ち家)の場合、住宅ローンが残っていることも多く、
そのあたりも勘案されるようです。賃貸が不利だということではなく、
所在確認の意味が高いようです。

 

持ち家等の場合は、家賃が必要ありませんので、
その家賃分を返済に充てることができますので返済能力が高いと評価されます。

 

 

借り入れ状況について

キャッシングの審査を依頼したキャッシング会社や他のキャッシング会社での
過去の借入れ状況や借入額、借入れ年数などを確認されます。

 

多額の借入れが残っていたり、返済に滞ったことがある場合には
不利になることもあるようです。